ビットコイン購入をおススメする理由|Googleや投資家が注目!

ビットコイン購入をおススメする理由

ビットコインが高騰する理由を解説

ビットコイン,ネットで稼ぐ,仮想通貨,利息,ポイントサイト

 

★ 目次 ★

■ ビットコインとは?
■ ビットコインが仮想通貨(暗号通貨)なのに注目される理由
 ◇ 法定通貨にゆだねることの危険性
■ ビットコインは採掘する事で発行される
■ 資産家や企業もビットコインに続々参入
■ ビットコインはどのように使われている?
■ 法定通貨に安心感が無い国では主流に
■ ビットコインまとめ

 

 

ビットコインを所有するために、まずは以下の3サイトに登録しましょう。
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
coincheckの登録方法はこちらで詳しく解説しています。
世界で最も人気のビットコインウォレットblockchain
blockchainの登録方法はこちらで詳しく解説しています。
ビットフライヤー

 

ビットコインとは?

 

ビットコインは、仮想通貨(暗号通貨)として話題となりました。

 

このビットコイン、実は大変優秀なシステムでできており、銀行の決済システムよりはるかに優れています。

 

法定通貨は「日本なら円・アメリカなら$」と言うように、それぞれ政府が国民に保証する通貨として運用されています。

 

で、ビットコインはと言うと「通貨ではあるが通貨でない」と言うのが本当のところ。

 

では「何なんだ!」ってことになりますよね。

 

ビットコインとは決済システムなんです、それも銀行をはるかに上回る決して改ざんできない暗号システムからできています。

 

ビットコインは仮想通貨(暗号通貨)で、銀行などを利用しなくてもインターネット送金を可能にします。

 

ある複雑なシステムを組み、発行上限枚数は2100万枚と決められています。

 

これが、ビットコインが注目される要因となっているのです。

 

一般の人たちには縁のないシステムで、IT(SE)系の中でも優れた人たちには、是非とも攻略したいシステムなのです。

 

 

ビットコインが仮想通貨(暗号通貨)なのに注目される理由

 

法定通貨にゆだねることの危険性

 

たとえば、日本が先行き不安で何とか景気を回復しようとしたとき何が起こるか分かりますか?

 

政府は、法定通貨を自由に発行できますので、増刷することになりますね。

 

このほど、日本銀行が発表したタンス貯金は78兆円とされています。

 

政府がこのタンス貯金を掘り出そうと考えた時、まずは新札を発行します。

 

すると徐々に旧札が使えなくなり、押し出される形で使わざるを得なくなります。

 

しかし、新札ならまだ使えますが、経済の悪化が著しい場合は円の価値を変えることさえも可能ですよね。

 

究極ですが、現在1円の価値が10円に引き上げられた場合、今まで100円で買っていた缶コーヒーが1,000円になりますね。

 

と言う事は、1万円で100本買えた缶コーヒーが10本しか買えなくなります、1万円札は現在の1,000円の価値にしかならなくなります。

 

そうなると、せっかくのタンス貯金は宝の持ち腐れとなるのは必然ですね。

 

これは、貧困国が成長する段階でよくある現象です。

 

結局、法定通貨は「政府にゆだねられている」と言う事になります。

 

 

ビットコインは採掘する事で発行される

 

その点、ビットコインは「マイニング」と言うシステムを使いオープンで管理されています。

 

ビットコインは、新規に発行される数量も上限に達する年数も、あらかじめ決められています。

 

信頼がおけると言う事だけではないのです。

 

また、ビットコインが高騰していると言う現象は、希少性から来ていることが大きな要因となります。

 

ビットコインの発行枚数は上限の半分以上が発行済で、マイニングの報酬も2016年の7月10日には、2度目の半減(採掘できる1ブロックあたりのビットコインへの報酬が、50BTCから25BTCとなっていましたが、現在は12.5BTC)されることになります。

 

このマイニング(採掘)なのですが、今後4年ごとに半減されるようにプログラムされて、上限の2,100万枚で終了します。

 

※ビットコインを採掘するために、PCの演算能力を活用します。

 

ですので、この先もさらに高騰することが確実とされているのです。

 

 

資産家や企業もビットコインに続々参入

 

ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)は、現実社会において流通通貨ではありません。

 

しかし、現代社会において現物通貨は、ほとんど意味のない存在となってきました。

 

支払いや決済に、現金を持ち出す機会が薄れています。

 

そんな中、安全な仕組みでできたビットコイン仮想通貨(暗号通貨)に注目する企業が後を絶ちません。

 

アメリカではドルに対する不信感から、資産家や大手企業などがビットコインに投資をしています。

 

また日本でも、三菱UFJがビットコインに参入を発表しました。 

 

※注目!【東京】三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、仮想通貨の管理・決済サービスを提供するコインベースへ出資し、ビットコイン業界に参入する。

 

日銀でさえ「ビットコインを認めざるおえない」と言う内容のコメントを出しています。

 

日銀PDF⇒こちらから観覧できます

 

 

ビットコインはどのように使われている?

 

仮想通貨」と言う位置づけのビットコインではありますが、法定通貨に比べて極めて安心できる通貨として運用されているのです。

 

ビットコインを受け取る販売業者の決済処理・さまざまな金融サービスに活用されています。

 

個人でもウォレットを利用し、ビットコインを安全に管理し、オンラインショッピングやオンライン手続きでの支払いに使うことができます。

 

ビットコインの利用者は400万人以上にも上り、個人用ウォレット(ビットコイン銀行:お財布)への登録は、600万件を超えています。

 

 

法定通貨に安心感が無い国では主流に

 

前項で解説した通り、大手企業や投資家が「ビットコインに投資している」と言う事は、ビットコインの「将来性に期待が持てる」と言う事の表れですね。

 

また国政が不安定な国では、自国の法定通貨を信用していない人(アルゼンチン・アフリカ大陸の諸国など)が、ビットコインを購入しているということです。

 

日本の円では、まだ考えにくいことですが、自国の法定通貨を信頼できない人たちは、後進諸国だけでなく欧米諸国でも増えています。

 

国の法定通貨の代わりに「ビットコインにゆだねる」と言う事になれば「今後さらに高騰を続ける」と考えることは容易ですね。

 

 

ビットコインまとめ

 

ビットコインは、私たち一般人には理解しがたい通貨である事には違いありません。

 

しかし、この章で記載させて頂いたように、法定通貨より安全で利用価値があることは、少しでも分かっていただけたと思います。

 

それを踏まえたうえで、ビットコインを少しでも所有することをおススメしている次第です。

 

2017年を皮切りに、2021年・2025年と徐々に採掘量は減っていきます、今まさに購入しておくことで「資産となる」ことは間違いないと言えます。。

 

それに、あの「Googleが仮想通貨に投資をした」と言う報道が、ビットコインの購入に拍車がかかっていることも事実です。

 

※Googleだけではなく、Andreessen Horowitz, FF Angel IV, Lightspeed Venture Partners, Vast Ventures, Bitcoin Opportunity Fund, Fortress Investement co. など、シリコンバレーでは有名なベンチャーキャピタルが出資しています。

 

せっかくこの記事を読まれたのですから、ビットコインは必ず買っておきましょう。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

出来れば、これから幾度に渡り解説するHYIP(高配当投資)で、資産を増やしビットコインをできるだけ所有しておきましょう。

 

※ビットコインの購入は、自己責任でお願いします。

 

 


↓  ↓  ↓  ↓

ネット集客は自動集客の時代


分からない事や質問などありましたら、お気軽にLINEより連絡くださいね。

LINEグループ招待

LINEグループでは、最新の情報(新規案件情報・重要事項)が配信されます(不定期)。 友だち追加
LINE ID:@mjj8553z

iPhone・アンドロイドの方はこちらでも登録できます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 



このエントリーをはてなブックマークに追加   
Sponsored Link

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

*は必須項目です

*名前

*メールアドレス


(確認用)

*お問合せの内容

Powered by FormMailer.

関連ページ

ビットコインとは?最初にお読みください!
BIT-Coin(ビットコイン)で稼ぐ裏技を解説する前に、何故BIT-Coin(ビットコイン)を所有する必要があるのか?実は、ビットコインのシステムは銀行を倒産に追い込む程優れたシステムでできています。BIT-Coin(ビットコイン)を利用して利息で稼ぐ方法を実践する前の基礎知識としてご覧いただけます。
BIT-Coin(ビットコイン)で稼ぐ裏技を詳しく解説@
BIT-Coin(ビットコイン)で稼ぐ全く新しい裏技を詳しく解説|危険を回避し稼ぎだした手順大公開!BIT-Coin(ビットコイン)で億万長者を実現した人が続出、今からでも遅くない?BIT-Coin(ビットコイン)を利用して利息で稼ぐ方法がありますが、あまりにもきな臭いので、管理者が自ら実践した手順を公開します。
Coincheck無料会員登録を詳しく解説
Coincheck無料会員登録を詳しく解説|Coincheckは日本最大級のビットコイン取引所。ビットコインもwebマネーのように簡単に使えて便利、銀行のように煩わしくなく簡単に取引できて安全なことがメリットです。ここでは詳しい登録方法を画像付きでパソコン初心者でも簡単に登録できるよう解説します。
blockchainの無料会員登録を詳しく解説
blockchainの無料会員登録を詳しく解説|ビットコインを保有して相場高騰を狙うにしても、売買で稼ぐにしてもビットコインを保有するウォレットを分散することは必須です。これからビットコインで稼ぐ裏技を公開します、リスクを少しでも抑える事を考えましょう。ここではblockchainの基礎的な使い方まで解説します。
blockchainがビットコインを受信する手順
blockchain(ウェブウォレット:財布)がcoinceck・MINR.BZ(マイナービズ)からビットコインを受信する手順を詳しく解説。BIT-Coin(ビットコイン)で稼ぐ裏技で危険を回避し稼ぎだした手順は、ビットコインの送信・受信を理解することは必須です。ここでは、誰でも実践できるよう詳しく解説しています。
ヤフージャパンの株価から仮想通貨の運用を考える
マイニングは1日0.2%(月6%)の高配当です、購入しただけで誰でも簡単に稼げます。しかし海外のサイトと言う事で誰でも躊躇します、ここではヤフージャパンの株価を例に挙げ何故マイニング事業に参加しておくべきかを解説します。マイニングの報酬0.2%が夢を実現するのか?本当に続くのか?
マイニングを理解すれば日利息を裏技で稼げる
マイニングでBITCoin(ビットコイン)の日利息を稼ぐ手順。ビットコイン(仮想通貨)が世界の国々で注目を集め法定通貨(円・ドル・ユーロ)より安全性が高いと人気に。ここでは保有するだけでも将来的に楽しみがあるビットコインを管理者がマイニングプールを運用・実践する方法を解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
初めての方-入門編 ネットで稼ぐ解説 将来への不安解消 ネットで稼ぐとは? 登録方法解説 お問合せ